funknit(ファニット)は毛糸の販売とニットカフェ(編み物スペース)のお店です。

大阪府貝塚市加神1-12-4北川ビル1F
funknit(ファニット):しきたあつこ

funknitさんのふんわりBLOG

減目増目の計算について<前>
2017年7月3日 | 毛糸について

今日はちょっと専門的なお話を・・・

ウェアを編む場合、本通りのbodyだったら何の問題もないのですが、そこはほら経年と共にいろいろと変化してくるわけでしてww 誰もが望むこと、それは「自分サイズのウェア」なんですよね。そんな時に力強い助っ人たちをご紹介します。

①ゲージメジャー

キャプチャ7

目数・段数などを計算するためのツールですが、他にもカーブのサイズを測ったり、拾い目の計算をしたりと活用方法もいろいろとあります。
使用方法は至ってシンプル。どの人も避けがちな「ゲージを取る」。これね、嫌がる人多いんですけど、どうして避ける?せっかく長時間かけて編んだのに小さすぎて入らない、袖が長いなどなど。まぁね、着る事を目的としないニッターさんも多いので人それぞれですけど、本に掲載された作品のバストサイズが85㎝で、自分のバストが90㎝だとパッツンパッツンになるわけで・・・。

「ゲージ」と言うのは、10cm四方で何目何段編めるか。と言うのを事前に知るため試し編みをするって意味です。
それが物差しのようにメモリが付いているのがこのゲージメジャーです。例えば、10cm23目だとしたら、「23」のプレートで編みたい部分が何目か知ることが出来ます。昔からあるので昭和チックな風貌ですが、基本ツールの1つであります。

 

②ニット電卓

キャプチャ6

これはもう幻の品になりつつあります。私も1台持っていますが故障したら終了ーー(ノω・、) ウゥ・・・
今は既にないロイヤル工業というメーカーが作った優れものです。製図をする上で①ゲージメジャーで説明したように「ゲージ」が不可欠になります。でも袖ぐりや襟ぐりのカーブなどゲージメジャーだけだと作業工程が多く算出するのはエライ大変なことです。
でもこのニット電卓があれば、実寸の製図を引かなくても縮図からピッピッピッで、減目増目計算をしてくれます。チョーーー優れもの!
私は10年以上前に1万円程度で購入しました。数年前にヤフオクなどで見かけたときは3万以上していたと思います。
もしどこかで見かけたら、お財布が許す限り購入することをお勧めします~♪

今日はこの2ツ。
続きは次回~~♪

 

comments (0)

«

»

この投稿にコメントする。

今月の予定

12月の予定

≪イベント≫

むすび市(麻婆○○)
麻婆豆腐を駆使したshopが数件並ぶ予定です♪食べ比べが出来るかも~♪

○日時 12月16日(日)10時~
○岸和田市・岸城神社

 

≪ワークショップ≫

モチーフでBag in bagを作りましょー♪

○日時・・・12月22日(土)10時~14時
○費用・・・2,500円(レッスン料・材料費・1drink)
※モチーフ8枚・とじ用毛糸・内布・ファスナー付き
○持物・・・かぎ針4号 or 5号をお持ちくださいませ。
○定員・・・6名様 満席となりました。ありがとうございます!

 

≪年末年始≫

12月28日(金)~1月6日(日) までお休みさせていただきます。
1月7日13時より通常営業致します。

 

最近の投稿

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

過去の投稿

カテゴリー

コメントのあった投稿

このページのTOPへ