funknit(ファニット)は毛糸の販売とニットカフェ(編み物スペース)のお店です。

大阪府貝塚市加神1-12-4北川ビル1F
funknit(ファニット):しきたあつこ

funknitさんのふんわりBLOG

コロナ感染ではなかったけれど・・・
日々のこと

この前の日曜日に、夫の母が39度の熱があり、父から夫に電話がありました。

父:お母さんが39度の熱があるねん。木曜日くらいからしんどいて言うててんけどな・・・悪いけど病院連れて行ってくれるやろか。

夫:発熱してたら救急車呼んで。もしコロナやったら俺に感染るやん。

父:コロナと違うと思うねんけどなぁ

夫:とにかく救急車呼んで!

しばらくして父から救急車で○○病院に着いて、PCR検査受けた。結果出るのに約1時間。結局結果は陰性でしたが、発熱の知らせから、2時間程の間にいろんな事考えました。

もし母が感染していたら入院出来るの?病院はどこになる?え?重症化したらどうしよう・・と。そして父は濃厚接触者の認定を受けるだろうし、夫は濃厚接触者になるのか?となると私も?家族全員ワクチン接種は終了しており2週間以上経過しているので抗体は出来ていると思っていますが、果たしてそうなのか?もちろん高齢の私の母も濃厚接触者になるよね?

濃厚接触者の定義を調べました。以下抜粋します。

**************************************************
Q1. 「濃厚接触者」の定義は何ですか。

A1. 新型コロナウイルス感染症の PCR 検査等で陽性となった者(患者)と、感染の可能
性のある期間(症状が出る 2 日前から入院等になるまでの期間)に接触し、以下の範囲
に該当する場合は濃厚接触者と定義されます。

・患者と同居あるいは長時間の接触(車内・航空機内等を含む)があった者
・適切な感染防護(マスクの着用など)なしに患者を診察、看護もしくは介護をした者
・患者の気道分泌液もしくは体液などの汚染物に直接触れた可能性のある者
・その他:手で触れることのできる距離(1 メートル)で、必要な感染予防策なしで患
者と 15 分以上の接触のあった者

(参考)国立感染症研究所感染症疫学センター「新型コロナウイルス感染症患者に
対する積極的疫学調査実施要領」
実際には、この定義をもとに、保健所が患者、または家族や会社などから聞き取り調
査をし、状況に応じて総合的に判断します。

****************************************************

夫が母に会ったのは、約2週間前なので濃厚接触者とはならず、まぁそもそも母は感染してなかったのでホッとしました。
でも本当に怖いな~と痛感しました。一人が感染したら、その家族はもちろん周囲の人も巻き込む。他人様の命を脅かすことになる。

SNSで、身近な人だからと言ってマスクなしでワークショップなどしている人を見かけると、そこに写っている人には会わないようにしよう・・・って思ってしまいます。マスクは自分を守るものではなく、人を守るための感染予防だと知らないんだろうなと思います。田舎だから良いの?仲良しさんだから大丈夫?う~~~~~む。

あと気をつけないといけないのが、父が言った「コロナとは違うと思う。」
この素人判断は怖い。病気に関しては特にそうですよね?素人判断ほど恐ろしいものはないと思っています。

母は、涼しかったのに暑い日がまたやって来て体調を崩したのだろうと。熱は下がったけれど、まだ本調子ではないと。コロナではなく、大きな病気でもなければ、あとは時間が癒してくれるのではないかと思っています。母はしんどくて辛いと思うけど、取りあえず良かった良かった(^^)

私が住んでいる貝塚市のコロナ感染者は、ずっと数名だったのが8月からは、ほぼ2桁になっています。
皆様もどうぞお気をつけて。

 

comments (0)

今月の予定

10月の予定

<お知らせ>

10月1日(金)より通常営業といたします。
それでも油断出来ない状況ですので、安心安全を心がけていきます。

営業日・・・月~金、第4土曜日
時間・・・13時~18時
ニットカフェ・・・14時~17時
定員・・・3名様(事前にご予約(電話090-3533-0495 もしくはLINEで)をお願いいたします。)
※予約状況はこちらからご確認いただけます。

ご来店時にはマスク着用をお願いしております。

どうぞよろしくお願いいたします。
楽しく編み物が出来ますように☆

 

<臨時休業>

○10月6日(水) お休みさせていただきます。

 

最近の投稿

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

過去の投稿

カテゴリー

コメントのあった投稿

このページのTOPへ