funknit(ファニット)は毛糸の販売とニットカフェ(編み物スペース)のお店です。

大阪府貝塚市加神1-12-4北川ビル1F
funknit(ファニット):しきたあつこ

funknitさんのふんわりBLOG

母の補聴器
2019年7月26日 | 日々のこと

7月24日(木)にお休みをいただき、母の通院に付き添って来ました。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
編み物や手芸には関係の無いお話になりますので、ご興味のない方はスルーしてくださいね☆

ご存知の方も多いと思いますが、私には米寿を迎えた母がいます。有難い事に健康ではありますが、高齢ならばといった事が多々ございます。少し前から聞こえ難そうだな~と感じてはいたのですが、本人は気にせず・・・って感じだったんですが、お芝居を観に行った時、周りの人達が笑っているのが母には理解出来なかったようで、自分には聞こえてないんだとやっとわかったみたいでした(笑

「聞こえにくいから病院連れて行って」と言うので、地元の病院に連れて行きました。
「老人性難聴」という診断で、そろそろ補聴器を試してみたら?と言う医師の診断だったので、補聴器外来に行って来ました。

担当の方のお話がとてもわかりやすかったので、ちょっとご紹介しますね。
聴力とは、耳で聞こえたことを脳で理解するって事で、高齢になってくると全体的に聞こえにくくなるようです。そうなってくると自分に必要な事柄だけを聞こうと脳が働く。目の前にいる人の話を聞こうとすると、他の音を聞こうとしなくなる。例えば、自宅で話をしていても色々な音が耳に入りますよね?エアコンの音、冷蔵庫のモーター音、セミの声、通りを走る車の音、子供達の遊ぶ声などなどなど。私たちは、何もしなくてもその音が雑音ではなく日常の音として聞こえて来ます。でも高齢者は、聞きたい音だけを聞こうと脳が働くので、こういった生活音を聞こうとしなくなるそうです。

補聴器を着けると全体の音が大きくなるので、当然生活音も大きくなる。これを「雑音」が耳につく、となり着けるのを止めてしまう。
いろいろな音が聞こえてくる状態に慣れるまで脳のトレーニングを行い、少なくても3ヶ月はお風呂と就寝時以外は着けましょう、との事でした。試しに補聴器を着けた母は、こんなにいろいろな音がしてたのね~と言いました。おぃおぃ・・・・

決してお安いものではありませんが、脳トレに勤しんでもらおうと思っています。
母はメガネを頻繁にかけたり外したりする人なので、補聴器は耳の中に入るタイプにしました。8月から補聴器生活が始まります。

これで話がスムーズに進む事を期待して。。。(笑

 

comments (0)

今月の予定

7月の予定

<お知らせ>

7月1日(水)から営業日が変更になります。

○営業日・・・月・水・金 と第4土曜日
○営業時間・・・13:00~18:00
○ニットカフェ・・・14:00~17:00(定員2名様)

7月と8月は営業日数を減らし、ニットカフェも人数を減らし営業いたします。
お席確保いたしますので、ご来店日時が決まりましたら予約サイトからご予約をお願いいたします。

HPトップから入っていただけます。

お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

皆様にお会い出来るのを楽しみにしています(^^)

 

最近の投稿

2019年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

過去の投稿

カテゴリー

コメントのあった投稿

このページのTOPへ